講座のお申し込みに関すること

Q:講座を申し込むには、どうすればいいのですか?

A:窓口で直接申し込みむ方法と電話またはファクスで申し込む方法があります。
  ▽窓口で直接申し込む方法
   福井放送会館5階にある当センターの窓口にお越しいただき、備え付けの申込用紙
に必要事項をご記入いただき、入会金(2,160円)とご希望の講座の受講料の
   ほか教材費やテキスト代など受講に必要な代金を添えてお申し込みください。
  ▽電話またはファクスで申し込む方法
   電話またはファクスでお申し込みいただきますと折り返し、申込用紙など必要な書
   類をお届けしますので、必要事項をご記入いただき、返送してください。それによ
ってお申し込みの手続きが完了します。入会金および受講料は当日までに納入して
   ください。「当日納入」と指定することもできますが、この場合は確実に受講して
いただくことが条件となります。当日、無断で欠席されたり、受講をキャンセルさ
れますとキャンセル料のほか規定の料金をお支払いいただくことになりますので十
分ご注意ください。
  ▽外部施設と提携して行っている講座(ゴルフ、テニス等)はセンターのほか各会場
   でも申し込みを受け付けます。
   (お申し込みに際して)
   ・お申し込みの際、印鑑や証明書は必要ありません。
   ・先着順に受け付け、定員に達し次第、申し込みを締め切ります。満員になった場
    合は空席待ちをお願いしています。
   ・お申し込みが所定の人数に達しない場合、開講を延期または中止、または講座を
    廃止することがあります。

Q:受講料はいつまでに納めればいいのですか?

A:月謝と一括払いと2つのタイプの講座がありますが、いずれも前納制です。受講料の
  納入がないと講座を受講していただけません。未納が続いた場合は延滞料をご請求し
  たり、ご受講を停止していただく場合があります。講座の会期が半年以上の長期にわ
  たるものについては分割払いが可能な講座もあります。

Q:受講料の支払いは銀行や郵便局から振り込みできますか? クレジットカードは使えますか?

A:いま現在は窓口で、現金だけのお取り扱いとなっています。

Q:カルチャーセンターの窓口の受付時間は?

A:窓口の受付時間は次の通りです
  ・月曜日〜土曜日  午前9:30〜午後7:30
  ・日曜、祝日、振替休日のほかゴールデンウイーク、旧盆、年末年始は休業します。
   そのほか年に何回か午後5:30で受付を終了させていただく日があります。
  ・講座は祝日や振替休日に行う場合がありますのでそれぞれの講座日程表でご確認く
   ださい。

Q:講座を受講したいのですが、いつまでに申し込めばいいのですか?

A:講座の種類によって時期が異なります。次の3つのケースがあります。
  ▽[常設講座]=いつでもお申し込みを受け付けています。
  ▽[継続更新講座]=開講初日の1週間前までにお申し込みください。教材の手配が
   必要な講座については別に締切日を設けていますので講座リーフレット等でご確認
   ください。満員の講座につきましては空席待ちの登録をお願いしています。
  ▽[短期講座]=開講日の1週間前までにお申し込みください。教材の手配が必要な
   講座については別に締切日を設けていますので講座リーフレット等でご確認くださ
   い。
  ▽どの講座も定員になり次第、申し込みを締め切ります。

Q:入会できる月は決まっているのですか?

A:講座の種類によって次の3つのケースがあります。
  ▽[常設講座]=何月からでもご入会いただけますが、受講料の納入が1か月単位
   (月謝制)となっており、済んだ回数だけを受講料を按分して割り引く方法はとっ
   ていませんので、翌月の初回からのご入会をお勧めしています。
  ▽[継続更新講座]=期間中の講座日程がすべて決まっていますので日程に合わせて
   お申し込みください。
  ▽[短期講座]=期間中の講座日程がすべて決まっていますので日程に合わせてお申
   し込みください。

Q:申し込みたい講座がありますが、開講日まで日がありません。2、3日前でも申し込みができますか?

A:開講の1週間前までにご予約いただくのが原則ですが開講の前日までお申し込みいた
  だける講座があります。
  その場合、ご受講が確実な方に限ります。詳細はお問い合わせください。

Q:講座がすでに始まっていますが途中から受講できますか?

A:講座によって次の2つのケースがあります。
  ▽[常設講座]の場合=受講料の納入が1か月単位(月謝制)となっており、済んだ
   回数だけを按分して受講料を割り引く方法はとっていませんので、翌月の初回から
   のご入会をお勧めしています。
  ▽[継続更新講座]および[短期講座]の場合=講師が認めた場合に限り途中からの
   入会が可能です。ただし講座が終了した回数分を按分して受講料を減額したり割り
   引くことはできませんので全額を一括してお支払いいただくことになります。ご納
   得の上でご入会ください。

Q:継続して受講したい場合の手続きはどうしたらいいのですか?

A:講座によって次の2つのケースがあります。
  ▽[常設講座]の場合=毎月末に翌月分の受講料をお支払いいだくことで手続きが完
   了します。逆に翌月の受講を取り止めたいときは、前月末までに、その旨をお知ら
   せください。
  ▽[継続更新講座]の場合=継続更新(たとえば3か月に1度)の時期が近づいてき
   ましたらセンターのスタッフがご継続専用の申込用紙を配布しますので、必要事項
   をご記入いただき会員証、受講料といっしょに受付にご提出ください。

Q:センターの都合によって講座が延期や中止や廃止になることがあるのですか?

A:募集の結果、お申し込みの人数が一定数に満たない場合、講座を延期か中止または廃
  止する場合があります。開講の1週間前になっても、人数が一定数を下回っている場
  合には、実施するかどうかの決定が開講の間際2、3日前になってしまうことがあり
  ます。このような場合にはまことに申し訳ございませんが、ぎりぎりまでお待ちいた
  だくことになります。
  センターでは募集に努力しますが、もし人数不足で開講できなかった場合、それまで
  にご入金いただいている受講料および諸費用があれば速やかにご返金します。

ページの先頭へ

見学・体験に関すること

Q:見学はできますか?

A:次の3つのケースがあります。
  ▽[随時見学できる講座]=電話で日時を予約していただき、なるべく講座開始の5
   分前までにお越しください。見学時間は原則として2、30分程度でお願いしてい
   ますが、講座によってはそれ以上見学できる講座もあります。
  ▽[見学できる日時が決まっている講座]=見学可能な日時をお知らせしますので、
   その日時に合わせてお越しください。
  ▽[見学をお断りしている講座]=満員の講座、募集を中止している講座、指導上の
   理由で途中入会をお断りしている講座は見学ができません。

Q:体験はできますか?

A:無料体験レッスンは行っていません。一部、有料で体験できる講座があります。詳し
  くはお問い合わせください。

ページの先頭へ

会員証に関すること

Q:会員にならないと受講できないのですか?

A:当センターは会員制となっており、原則として会員だけが受講できるシステムになっ
  ています。入会金は2,160円です。入会の手続きをしていただきますと、その場
  で会員証を発行します。会員証の有効期間は2年間です。その後、2年ごとに継続更
  新の手続きをお願いします。会員証の有効期間内はご希望の講座をいくつでも受講し
  ていただけます。会員証は当センターをご利用になる際や会員優待をお受けになる際、
  必要になりますのでお越しの節は必ずお持ちください。
  ・入会金2,160円(税込み、2年間有効)
  ・更新料1,080円(税込み、2年ごとに更新)
  ・外部施設との提携講座(ゴルフ、テニス、パソコン講座)や1日講座、特別公開講
   座などは入会金不要で受講していただけますが、これらの講座では会員証を発行い
   たしません。会員サービスも受けられません。

Q:会員証に有効期間はありますか?

A:入会される月の翌月から数えて満2年間です。有効期間内に継続していただきますと
  継続更新料(1,080円)で会員証が2年間延長されます。いったん有効期間が切
  れてしまいますと再入会扱いとなり新たに入会金(2,160円)をいただくことに
  なりますので会員証の更新は有効期間が切れる前に手続きをお願いしています。

Q:いま受講している講座と別の講座を申し込みたいのですが、さらに入会金が必要ですか?

A:会員証の有効期間内であれば再度、入会金はいただきません。入会金なしで何講座で
  も受講していただけます。受講料や教材費などは講座ごとに個別にお支払いいただき
  ます。

Q:会員証を紛失したときは?

A:会員証は受講料納入の履歴が記録されている大切なカードです。会員サービスを受け
  る場合にも必要ですので再発行をお願いします。再発行の手数料は540円(税込み)
  です。受付で手続きしてください。

Q:家族名義の会員証を本人以外の者が利用することはできますか?

A:会員証はご記名いただいているご本人さま1名に限り有効です。会員証を貸したり譲
  渡することはできません。

ページの先頭へ

申し込み、受講のキャンセルおよび休会、退会、欠席について

Q:講座を申し込みましたが開講日までに予約を取り消すことはできますか? その際、解約金などはありますか?

A:次の2つのケースがあります。
  ▽[解約可能な限度日が設定されている講座の場合]=限度日までは規定の解約手数
   料(540円)だけで解約できます。限度日の翌日以降に解約される場合は、解約
   手数料のほか解約料として受講料の半額、教材の発注が済んでいる場合はその実費
   をいただきます。
  ▽[限度日が設定されていない講座の場合]=初回講座日の前日(休業日を除く)午
   後5時までは解約手数料(540円)だけで解約できます。初回講座日の前日(同)
   午後5時以降に解約される場合は、解約手数料のほか解約料として受講料の半額、
   教材の発注が済んでいる場合はその実費をいただきます。解約される場合、所定の
   手続きの後、納入金の中から解約手数料、解約料(受講料の半額)、教材の発注が
   済んでいる場合はその実費等を差し引いた額をご返金します。
  ・上記の2例とも郵送希望の場合は送料と書留料を別途、ご負担ください。
  ・無断でキャンセルされた場合は、限度日を過ぎてからの解約と同じ取り扱いとしま
   す。

Q:会期の途中で退会する場合、残りの回数の受講料は返してもらえますか?

A:受講者のご都合で途中退会される場合、受講料等の返金はできません。ご本人の県外
  転出と入院に限り証明書(入院精算書・転出証明書など)の提出等、所定の手続きの
  後、一部を返金できる場合がありますのでご相談ください。他社との提携講座につい
  ては返金できません。

Q:転勤の可能性があり、前払いした受講料が無駄になりそうで入会を迷っています。

A:納入済みの受講料は原則としてお返しできませんが、ご本人の県外転出と入院に限り
  証明書(入院精算書・転出証明書など)のご提出があれば、状況に応じて、手数料等
  を引いたのち、一定の額をお返しできる場合がありますのでご相談ください。

Q:都合が悪くて講座を休んだ場合、受講料を返金してくれますか? 代理人の受講や受講日の振り替えはできますか?

A:お客様のご都合でお休みされた分につきましては理由を問わず、受講料の返金、代理
  の方の受講、レッスンの振り替えはできません。

Q:常設講座を1か月間全休、あるいは受講を中断する場合、手続きが必要ですか?

A:常設講座を1か月全休する場合は、前月末までにお届けください。事前にお届けいた
  だいた場合に限り講座中断とみなし翌月の受講料を免除します。無断で休会されます
  と受講料を請求させていただく場合がありますのでご注意ください。すでに受講料を
  納入いただいている場合は所定の手続きの後ご返金します。解約手数料は540円で
  す。

ページの先頭へ

講座の種類・レベル・回数・日程について

Q:講座には[常設講座][継続更新講座][短期講座][特別公開講座]などいくつかの種類があると説明受けましたが、よく分かりません。どういう違いがあるのですか?

A:主に講座を開講している期間と受講料の納入方法の違いによるものです。
  ▽[常設講座]=1年間を通じて常時開講している講座です。お客様のご都合に合わ
   せて、ひと月単位で入・退会できますが、教習内容は、ある程度継続して受講され
   ることを前提に作られています。受講料は月謝制(前納)です。月途中からのご入
   会につきましては、済んだ講座の回数分を按分して割り引く方法はとっていません
   ので、翌月の初回からのご入会をお勧めしています。
  ▽[継続更新講座]=△か月(例)を1学期として講座を行いますが、△か月の会期
   が終わると、それで修了するのではなく、さらに次の△か月へと連続して講座を継
   続更新していく講座です。たとえば受講期間が「3か月」となっている場合は、3
   か月に一度受講者を募り、3か月分の受講料を納入していただく流れになります。
   長くお続けいただくと、より深く習得していただける講座です。ただし講座を継続
   更新していくためには、一定の受講者数に達していることが必要です。もし新学期
   を迎える節目のときに継続者の数が定数を下回った場合、次の学期を休止または廃
   止する場合があります。この種類の講座では3か月を1学期とする講座がほとんど
   ですが2か月、4か月、5か月、最長6か月を1学期とする講座もあります。どの
   講座も講座が始まる日と終わる日が決まっています。
  ▽[短期講座]=ある一定の時期しか開講していない期間限定の講座です。継続更新
   講座と違って継続を前提としていませんので、この期を逃がすと次にいつ開講にな
   るかわかりません。その時点でお申し込みいただくようお勧めしています。どの講
   座も講座が始まる日と終わる日が決まっています。
  ▽[特別公開講座]=その日だけ実施する単発講座です。クリスマス1日講座などを
   イメージしていただくと分かりやすいのではないでしょうか。ほとんどが公開講座
   として実施しますので、会員以外の方も受講料だけで参加していただけます。会員
   の受講料は会員以外の方に比べて優待料金になっています。
  ・当センターは年間におよそ200教室を開講していますが、どの講座もだいたい上
   記4種類のうちのどれかに該当します。
  ・ご希望の講座はどのタイプの講座であるか、お申し込みをされる前に受付でご確認
   されることをお願いしています。

Q:受講料が「○か月全○回分一括払い」とあるのは、○か月○回で講座が終了するということですか?

A:次の2種類の講座に、その旨の記載があり、取り扱いがそれぞれ異なります。
  ▽[継続更新講座]=開設期間(△か月)が終わっても、さらに次の△か月へと継続
   更新していきますので、この△か月というのは、受講料をお支払いいただく単位と
   してご理解ください。ただし講座を継続更新していくためには一定の受講者数に達
   している必要がありますので、ご継続者の数が定数を割った場合、講座を休止また
   は廃止する場合があります。
  ▽[短期講座]=文字通り△か月△回で終了します。次にいつ開講になるかは未定で
   す。

Q:1つの講座に1か月と3か月、2種類の料金が書いてあるのはどういうことですか?

A:その旨の記載があるのは[常設講座]の場合です。常設講座は1か月分の受講料月謝)
  の前納が基本です。
  3か月料金というのは、3か月分まとめて前納していただくときに適用される割引料
  金です。この場合3か月連続して受講していただくことが条件です。受講月の繰り延
  べや振り替えはできませんので、連続して受講できないことが前もって予想される場
  合は1か月ずつの納入をお願いしています。
  いくつかの講座では3か月割引がありません。

Q:受講回数を知りたいのですが?

A:講座の回数は次の2種類に分けて設定しています。
  ▽[常設講座]=月間の回数が、4回(年間48回)、3回(年間36回)、2回
   (年間24回)と3つのパターンがあります。月3回と月2回の講座ではあまり問
   題になりませんが、月4回の講座は暦の関係で月3回しかとれないときがあり、こ
   の場合は、5週とれる月に講座を5週とも実施し、講座回数を年間48回に調整し
   ます。ですから受講される月によっては1回ご損になる月と1回お得になる月がで
   てまいりますのでご了承ください。なお月曜日の講座は、年に何回か祝日か休日ま
   たは振替休日に実施する場合があります。
  ▽[継続更新講座]および[短期講座]=講座ごとに個別に、講座回数が決まってい
   ます。回数は講座ごとに異なっています。同じ講座でも学期によって回数が異なる
   ことがあります。主に暦の加減によるものです。

Q:講座の日程は、どうしたら分かりますか?

A:▽[常設講座]の日程は「常設講座カレンダー」に記載しています。受付で常時、最
   新版を差し上げています。
  ▽[継続更新講座]の日程は講座ごとに作成しているリーフレットに記載しています。
   受付で常時、最新版を差し上げています。
  ▽[短期講座]の日程は講座ごとに作成しているリーフレットに記載しています。受
   付で常時、新版を差し上げています。
   日程がお分かりにならない時や確認したいときは遠慮なくセンターにお問い合わせ
   ください。

Q:講座の日程が変更になることはありませんか?

A:病気や冠婚葬祭、研修会への参加など、講師の急な都合で臨時休講をお願いする場合
  があります。その際は代講日を設けて基準の回数を確保します。事情によりどうして
  も代講日をやり繰りできない場合は残りの講座時間を延長して受講時間を補います。
  そのほか市民生活に甚大な影響が及ぶ災害や重大事件が起きた場合、補講日が取れな
  い場合がありますが、受講料の返金は行いません。事前に予測できない突発的な事態
  により講座回数が大きく減る場合は誠意をもって対応します。

Q:講座のレベルは? 初心者でもついていけますか?

A:コースを設けて習熟度別レッスンを行っているいくつかの講座を除き、どの講座も初
  心者と経験者の混合レッスンを行っています。講師は、初心者が安心して受講できる
  指導を心がけていますので、どなたでも安心してご入会いただけます。見学が可能な
  講座につきましては見学をお勧めしています。

Q:資格が取れる講座はありますか?

A:当センター独自の証明書や資格、段級位は発行していませんが、講師が所属する協会
  や一門の資格を取得できる講座はいくつかあります。その際、検定料や免状代、登録
  料などが別途、かかります。詳しいことは講師にご相談ください。

Q:受講するとき持参するものはありますか?

A:お申し込み時にお渡しする講座リーフレットに記載しています。同じ講座でも受講者
  によって持ち物が違う場合があります。表記のない場合は特にお持ちいただくものは
  ありませんが、消耗品や運動しやすい服、靴、絵画教室のモチーフ、和裁・洋裁教室
  の布地のように、ご自身でご用意いただく物については必要に応じて随時ご持参くだ
  さい。
  ご不明の点がございましたら受付もしくは講師にお問い合わせください。

Q:受講を始めると想定外の教材費、材料費、テキスト代、道具代などがかかることはありませんか?

A:これらの経費については講座リーフレットに詳しく記載していますので必ずご一読く
  ださい。お申し込みの前にセンタースタッフまたは講師にご確認いただくのも確実と
  存じます。しかし技量が上がるにつれ、ご希望はそれぞれ異なってきますので、講師
  とよくご相談の上、お客様ご自身の責任でお求めいただくことになります。
  講座によっては野外学習や現地実習がある講座があります。別途、交通費、保険料、
  実習費などがかかる場合は、なるべく早くお知らせするようにしています。
  教材費や消耗品等は個別に違うことが多いので直接講師からお求めいただくケースが
  ほとんどです。ご不明なことがあればセンターにお問い合わせください。

ページの先頭へ

会員サービスについて

Q:周辺に駐車場はありますか? 会員優待はありますか?

A:当センターに専用駐車場はありませんので周辺の駐車場をご利用ください。お客様の
  使い勝手はそれぞれ違いますので、駐車場を特定してお勧めするわけにはまいりませ
  ん。できるだけ近くて安い駐車場をご利用ください。最近はコイン式の格安駐車場が
  増えていますので併せてご利用をお勧めします。コイン式ですと昼間、最も安いとこ
  ろでは70分100円または24時間の上限400円です。昼と夜で料金が変わると
  ころがほどんどですのでご注意ください。
  当センターでは以下の会員割引を設けております。いずれも受付窓口で取り扱ってい
  ますのでご利用ください。
  ・福井駅西口地下駐車場(徒歩約2、3分)の割引回数券
  ・丸の内タワーパーク(徒歩約2分)の割引回数券
  ・丸の内パーキング(徒歩約7、8分)の割引回数券
  ・コイン式駐車場(システムバンク)で利用できる割引コイン。1枚100円のとこ
   ろ95円で販売しています。10枚単位で販売しています。
   当センターは福井駅前のメーンストリートに面しており、JRほか各種公共交通の
   ターミナルに位置していますのでエコの観点からもできるだけ公共交通機関でのご
   来場をお勧めしています。

Q:会員特典はありますか?

A:・ホテルフジタ福井内の和食レストラン「銀坐」で飲食された場合、会員証1枚につき
   10人まで10パーセント割引でご利用になれます。ただし他の割引との併用はでま
   せん。詳しいことは「銀坐」(電話0776−27−5489)でご確認ください。
   ※同ホテル内の中華レストラン「チャイナテーブル」と喫茶サロン「カメリア」は、
    2016年3月末日をもって優待サービスを停止しました。ご了承ください。
   駐車場(指定駐車場に限る)の料金割引=前掲=があります。ただし駐車場によって
   停められる車のサイズに制限がある場合がありますので、詳しいことは各駐車場にお
   問い合わせください。
  ・福井新聞、FBC福井放送が主催する行事について料金割引が受けられる場合があり
   ます。
  ・その他、各種特典につきましてはセンターの掲示板に、そのつど掲載しますのでご確
   認ください。

ページの先頭へ

その他、受講に関する一般的なご質問

Q:福井市以外の者でも受講できますか?

A:もちろん受講していただけます。福井、坂井、奥越、丹南など嶺北地方はもとより敦
  賀市、小浜市から、あるいは石川県、富山県からお越しいただいているお客様もいら
  っしゃいます。

Q:受講の際、年齢や性別、経験の有無などの要件はありますか?

A:幼児から90歳までの方が当センターで学びを深めておられます。当センターは福井
  県教育委員会の認可を受けて運営している開かれた生涯学習機関です。したがって原
  則として受講要件の制限、制約はありません。どなたでも受講していただけます。
  ただし「フラダンス」「ヒップホップダンス」(女性対象)、「英語講座」(中学校
  卒業程度の英語力を有する方)、「高校生のアートスクール」(高校生対象)、ジュ
  ニア向け講座(年齢区分)など、いくつかの講座では対象を限定して募集を行ってい
  ます。カリキュラムの都合によるものです。ご了承ください。
  体がご不自由な方に対するバリアフリーの環境は不十分ですが付き添いの方がいらっ
  しゃる場合は受講可能です。

Q:講座はどんな人が受けていますか?

A:年齢、性別、職業などさまざまです。幅広い層の方が受講されています。講座によっ
  て違いはありますが、朝と昼のクラスは中高年の方が目立ちます。夜の講座はお勤め
  帰りの若い方が多くなります。全体としては中高年の女性のお客様が多いようです。

Q:申し込みたい講座があるのですが受講者は何人ぐらいいますか?

A:少人数でないと講師の目が行き届かない講座もあれば、運動系講座や講義形式の講座
  のようにある程度まとまった人数でも指導しやすい講座もあり、講座によってさまざ
  まです。受講者数は毎月変わりますので具体的には申し上げられませんが最少7、8
  名程度から最大30名程度を定員としています。なかには例外的に3、4人で開講し
  ている講座もあります。実際に見学されることをお勧めしています。

Q:講師の年齢、人柄と技量はどうですか?

A:当センターの講師陣の優秀さは定評があり安心して受講できる先生方ばかりです。年
  齢は20歳代から80歳代までさまざまです。所属、経歴等は各講座のリーフレット
  をご覧ください。見学時に直接お話しなさることをお勧めします。

Q:講座を欠席する場合は連絡が必要ですか?

A:次回講座の連絡事項や教材の処理がある場合がありますので、ご面倒をおかけします
  が、極力お電話いただけるようお願いしています。
  講座によっては、無断欠席イコール出席とみなす講座がありますのでご注意ください。
  講師は教室以外でも受講者を指導するための諸準備を行っている場合があるからです。
  無断で欠席されますとレッスンのための仕込み、教材やお手本の準備などがむだにな
  るからです。前もって欠席がわかっている場合はなるべく早くお知らせいただいてい
  ます。

Q:講座の録音・録画・撮影をしてもいいですか?

A:申し訳ございませんが講師との契約の関係上、録音・録画・撮影はお断りしています。

Q:作りかけの作品を預かってくれる場所はありますか?

A:残念ながら私物をお預かりできる場所はございません。ご面倒ですが、そのつどお持ち
  帰りください。無断で放置された場合の責任は負いかねます。

Q:健康講座を受講する場合、医師の診断書は必要ですか?

A:診断書は不要ですが、不安のある方は、お申し込みの前に必ず医師の検診を受け異常の
  有無を確認してください。受講中、万一けがや事故があった場合、応急処置はしますが
  以後の責任は負いかねます。会館にAEDの設置があり、普通救命講習Tを修了したス
  タッフが常駐しています。

Q:個人情報は守られますか?

A:お客様からお預かりした個人情報は適法に管理し、受講に関する連絡、確認、問い合わ
  せ、資料送付などに利用させていただきます。また講座の円滑な運営を目的として、必
  要に応じて講師または講座提携期間に情報を提供する場合があります。

Q:同じ教室の人、講師の連絡先は教えてもらえますか?

A:個人情報の保護に関する法律を適法に運用していますので、お問い合わせいただいても
  お教えすることができません。必要がある方は直接ご本人にお尋ねください。緊急時の
  場合はセンターでお取り次ぎできる場合があります。

Q:こどもを同伴できますか?

A:ご遠慮いただいています。

Q:託児所はありますか?

A:当センター内にはありませんが福井放送会館の並び、徒歩1、2分のところに福井市ま
  ちなか保育施設「えくぼ」があります。福井市の事業でシルバー人材センターが支援し
  ています。保育士と保育サポーター養成講座を受講したベテランスタッフが常駐してい
  ますので安心して利用できます。
  ◇お問い合わせ先:
   福井市大手3−5−3、システム大手ビル1階(みずほ銀行隣り)
   電話(0776)28−0020
  ◇保育内容・料金
   お申し込み:完全予約制
   利用対象児:生後6か月〜就学前まで
   利用時間 :月曜日〜土曜日(祝日、お盆、年末年始除く)
         午前8:00〜午後6:00
   利用料金 :福井市在住の方1時間350円
         福井市以外の方1時間700円
         (以上の情報は2014年3月31日現在のものです)

Q:カルチャーセンターのような教室に習い事に行くと講座の発表会とか、講師が所属するグループの発表会に参加を求められることがあると聞きます。どうしても参加しないといけませんか?

A:当センターの場合、発表会への参加は受講者の自由です。当センターでも講師が企画
  する発表会、教室のみなさんが話し合って自主的に開く発表会、当センターが機会を
  提供する発表会などさまざまな形の発表会が行われています。発表会自体は日ごろの
  学習成果を試す好機であり学習の励みにもなりますが、参加・不参加はあくまでもお
  客様ご自身の判断によるものです。お客様の意に反して強制的に参加を求められた場
  合はセンターまでお知らせください。事務局が責任をもって善処いたします。

Q:台風や洪水の場合、講座はどうなりますか?

A:嶺北地方に大雨(大雪)・暴風、2つの警報が同時に発令されJRおよび私鉄、私バ
  スの運行が停止した場合、その時点から講座を中止します。両警報が解除され、JR
  および私鉄、私バスが全面復旧したあと2時間後から始まる講座から順次講座を再開
  します。これらの情報は時間に余裕がある場合はセンターからお知らせしますが、事
  態が切迫している場合はお電話いただくようお願いしています。また市民生活に大き
  な影響が及ぶ自然災害や社会事変が発生した場合、やむを得ず臨時休講する場合があ
  ります。その場合、代講日の確保に努力しますが、災害および社会事変の程度によっ
  ては補講できない場合があります。その場合、受講料のご返金はいたしません。大変
  申し訳ございませんがご了承ください。

ページの先頭へ